産後髪の細い状態が続くのは、女性ホルモンの減少が原因です


妊娠すると、母体は出産に向けてお腹の中の赤ちゃんを育て、危険から守るために女性ホルモンの分泌量が増えますが、産後は役目を終えるので急激に量が減ります。

女性ホルモンには、髪の成長を促し、髪を太く丈夫にする作用もあります。

産後は女性ホルモンが減るため、髪の成長が思うように進まず細くなったり、抜け毛が多くなったりすると言われています。

産後の髪の細さは、ストレスや栄養不足も影響しています

産後、自然に女性ホルモンの分泌量が減り髪の発育へ影響を与えますが、ストレスが原因で髪が細くなることもあります。

ストレスも、髪の成長を妨げ細い髪を作る要因となるのです。

産後は授乳など昼夜問わずの慣れない育児に追われ、緊張状態を強いられたり、産後まだ万全ではない体調に加えて睡眠不足も重なったりするため、疲労がたまります。

泣き止まない赤ちゃんにイライラして精神的に不安定になり、ストレスを抱えるママさんが増えています。

家事や育児に休みはありません。

ストレスを発散できる息抜きの機会もないため、日に日にストレスが蓄積し、髪にも悪影響が出てしまうのです。

また、出産で疲れた体を回復させ、赤ちゃんに質の良い母乳を授乳するためにも、栄養のとれた食事が欠かせません。

しかし、産後は育児に追われて食事内容にまで気が回らず栄養が偏り、育児で食事時間も不規則になるため、母体が栄養不足に陥ってしまうことがあります。

これも、髪が細くなる原因の一つと言えます。

体内の栄養は、母乳や内臓機能の働きのために優先的に使われるので、頭皮にまで行き届かず、髪がやせ細ってしまうのです。

産後の髪を太くするには、ヘアケアと食事がポイントです


産後、髪が細くなったり抜け落ちたりしてしまうのはある程度仕方ありませんが、少しでも髪を太く、丈夫にするためには食事やヘアケアに気を付けることが大事です。

まず女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含んだ大豆製品、髪の成分となるタンパク質を含む赤身の肉や魚、たまごなどを食事に取り入れましょう。

更に、カルシウムは細い髪にハリとコシを与えると言われているので、チーズや牛乳などの乳製品や小魚も食べましょう。

また髪の成長をサポートする亜鉛や鉄などのミネラルは、海藻類やしじみなどの貝類、ほうれん草やレバー、ウナギなどに多く含まれます。

他にも、頭皮環境を整えるビタミンB群やビタミンEを含む、豚肉やまぐろ、緑黄色野菜やナッツ類などの食品もプラスしていきましょう。

なかなか時間がないときは、育毛サプリメントなどを取り入れるのもおすすめです。

そして、育児のストレスを溜めないように家事サポートサービスを活用するなどして、体や心を休め、自分自身がリフレッシュできる時間をできるだけ作りましょう。

また、頭皮に優しい刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーに変える、毛先の柔らかい獣毛ブラシでのブラッシング、洗髪時の頭皮マッサージを取り入れるなど、ヘアケアにも気を遣いましょう。

産後、髪が細い状態は一般的に約1年で元に戻るとされています

産後、急に髪が細くパサついて抜け毛が増えるなど、髪質や量の変化が大きいといつまで続くのか不安になるものです。

髪には、成長期と退行期、休止期という生え変わりのサイクルがあります。

髪が生えて伸びていく成長期は約2年~6年、髪の成長が止まる退行期は2、3週間、そして次の髪が生えるまでの準備期間である休止期は2,3ヶ月とされています。

産後は生えていた成長期の髪がやせ細り、2~6年経過しないうちに、すぐ退行期や休止期に入る場合が多いと言われています。

しかし、徐々に女性ホルモンの分泌量が元の状態に戻ってくると発毛し始めます。

また、食事やヘアケア、ストレス解消などでホルモンバランスを整え、栄養補給をすることで、成長期に入った髪は少しずつ太さを取り戻します。

体調や生活習慣などで個人差があるため、一概には言えませんが、早い人なら産後半年を過ぎた頃から1年位で元の髪質、髪量に戻ると言われています。

(まとめ)女性の髪が産後細いのはなぜ?

1.産後髪の細い状態が続くのは、女性ホルモンの減少が原因です

妊娠中はお腹の赤ちゃんを育てる環境を整えるために、女性ホルモンの分泌量が増えます。

女性ホルモンには髪の成長を促す作用もあるので、産後急激に分泌量が減ることで、髪が細くなってしまいます。

2.産後の髪の細さは、ストレスや栄養不足も影響しています

産後は育児への緊張感で神経が張り詰めてストレスになる上、昼夜問わないお世話で疲労が溜まることで、髪の成長が阻害されます。

更に食生活も乱れがちで、栄養不足になって発毛に必要な栄養素が毛根に行き届かなくなることも、原因とされています。

3.産後の髪を太くするには、ヘアケアと食事がポイントです

産後の髪を丈夫にするには、タンパク質やイソフラボン、カルシウムなどを含む食品を摂取することが大事です。

更に、ストレスや疲れを溜めないようにしたり、髪に優しいシャンプーへ変えたりなどヘアケアにも気を遣ってみましょう。

4.産後、髪が細い状態は一般的に約1年で元に戻るとされています

産後の髪の細さは、いつまでも続くというわけではありません。

女性ホルモンの分泌量が正常に戻ると、成長期の髪は順調に伸びるので、産後約半年から1年で元の髪質に戻るとされています。