女性の髪の毛を増やすには食事や生活習慣によって髪の毛を太くする方法を試しましょう


女性の髪の毛は30歳頃をピークに徐々に減少します。

髪の毛を増やすためには、髪の毛の本数を増やすことだけでなく、髪の毛自体を太くすることを考えましょう。

バランスが良い適切な食事や生活習慣によって、髪の毛は太く健康的に成長することができます。

薄毛の原因は髪の毛の本数と太さ両方にあります

髪が少なく見える原因は髪の本数が減ったことだけではありません。

髪の毛自体が細くなっていることも髪が減って見える原因です。

薄毛は男性だけの悩みではありません。

最近になって地肌が透けて見えるようになってきた、抜け毛が増えた気がする、そんな悩みを抱えた女性は少なくありません。

日本人の髪の毛は平均しておよそ10万本といわれています。

髪の毛が生えるための毛穴の数は生まれてから一生変わりません。

ひとつの毛穴から一本、もしくは数本の髪の毛が生えています。

毛穴から出ている髪の毛の本数が減る、あるいは髪の毛が細くなることで薄毛になるのです。

髪の毛の太さは平均して0.07ミリから0.1ミリといわれています。

一般的には男性よりも女性のほうが髪は太めです。

髪の毛の太さのピークは男性であれば20歳前後、女性であれば30歳前後だと言われ、それ以降は加齢とともに髪の毛が細くなってしまいます。

髪の毛のボリュームがなくなって、ハリやツヤが失われるというお悩みも、髪の毛が細くなった結果起きるトラブルです。

薄毛に悩む人は髪の本数を増やすことだけでなく、髪の毛自体を太くすることも目指しましょう。

髪の毛を太くするには栄養バランスが大切です


髪の毛が細くなってしまうのは髪の毛に栄養が行き渡っていないことが原因です。

髪の毛は身体の中でも新陳代謝が激しく、一日に0.4ミリ、一カ月で1センチ程度伸びるといわれています。

新陳代謝が激しい反面、栄養不良や頭皮の血行不良がダイレクトに反映されるのも髪の毛です。

不規則な生活や過度のダイエットをすると髪の毛の成長が悪くなり、細く弱々しくなってしまいます。

私たちが食事で摂取した栄養素は身体に吸収され、生命維持に必要な場所から優先的に送られます。

髪や爪は生命維持のためには後回しになってしまう部分であるため、栄養が不十分だと髪の毛まで栄養が行き渡らないこともあるのです。

髪の毛は約80パーセントがケラチンというタンパク質でできています。

加えてケラチンを作るためにはアミノ酸のメチオニンが必要です。

髪を育てるためにはタンパク質とメチオニンの両方を摂取してください。

タンパク質を十分に摂取するには動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方をバランスよく食べるようにしましょう。

卵や鶏肉のほか、豆腐や納豆などの豆類は毎日摂取しやすい食材です。

メチオニンは牛乳やレバー、赤身の肉に多く含まれます。

体内でメチオニンを合成することはできないので、毎日の食事から摂取してください。

生活習慣の乱れで髪の毛が細くなります

健やかで太い髪の毛を育てるには新陳代謝がスムーズに行われていなければいけません。

髪の毛に栄養が行き渡り、健やかに成長するには睡眠時間が重要です。

夜の10時から深夜2時までの間は肌や髪、身体の調子を整えるためのゴールデンタイムと呼ばれています。

この時間に成長ホルモンが分泌され、髪の毛も成長するのです。

ゴールデンタイムに十分な睡眠をとっていないと、髪に届くはずの栄養が不足してしまうこともあります。

しかし、実際に夜の10時に寝ているような生活は難しいかもしれません。

そのような人はできるだけ早い時間に就寝するように心がけつつ、睡眠の質にこだわってみましょう。

ぐっすりと眠れていないという人は、枕などの寝具が自分に合っているか見直してください。

さらに夜の習慣によっては睡眠の質が下がってしまいます。

夜のカフェインの摂りすぎ、パソコンやスマホの使い過ぎは良質の睡眠を妨げる可能性があります。

夜は好きな音楽を聴いたり、ストレッチや深呼吸、瞑想をしたりとリラックスして過ごすように心がけてください。

これらの習慣はストレス解消にも効果が期待できます。

ストレスは睡眠にも髪の毛の新陳代謝にも悪影響です。

日常の習慣で上手に発散するといいでしょう。

(まとめ)女性の髪の毛を増やす方法は?

1.女性の髪の毛を増やすには食事や生活習慣によって髪の毛を太くする方法を試しましょう

髪の毛を増やすためには髪の毛自体を太くすることが大切です。

髪の毛を太くするためにはバランスが良い健康的な食生活や十分な睡眠で新陳代謝を促すように心がけましょう。

2.薄毛の原因は髪の毛の本数と太さ両方にあります

髪の毛が少なくなったと感じる人は、髪の毛が細くなっていないかチェックしましょう。

女性の髪の毛は30歳頃をピークに徐々に細くなります。

髪の毛が細くなった結果としてボリュームダウンや、分け目が目立つようになるというトラブルが発生します。

3.髪の毛を太くするには栄養バランスが大切です

髪の毛が細くなる原因の一つは栄養不足です。

髪の毛を作るもととなるタンパク質やメチオニンが含まれる食材を積極的に摂取しましょう。

卵や牛乳、納豆などに多く含まれているのでバランスよく食べてください。

4.生活習慣の乱れで髪の毛が細くなります

不規則な生活習慣も髪の毛が細くなる原因です。

髪の毛に栄養が行き渡るように良質な睡眠をとるようにしましょう。

ストレス解消のためにも良質な就寝環境を作るように心がけてください。