女性のこめかみの髪が細いのは、眼精疲労や肩こりが原因の一つとされています


こめかみ辺りの髪が細いのは、眼精疲労が原因とされています。

目で物を見る時には目の周りの筋肉が使われていますが、目を使いすぎて筋肉を酷使すると、筋肉疲労を起こし強張ってしまうのです。

その結果、目の周囲の血流が悪くなり、毛根で髪を作る毛母細胞に十分な栄養分が行き届かず、髪がやせ細ってしまうといわれています。

同じように、肩こりによって、首から肩にかけての筋肉が固くなり、血流が滞って頭皮への栄養分が不足することも、髪が細くなる原因と考えられます。

引っ張るヘアスタイルや噛み合わせなども要因と言われています

こめかみは、耳と目のほぼ真ん中あたりの部位を指します。

口を開け閉めして食べ物を噛む時に骨が動く部分のことです。

一般的にこめかみの髪は細くなりにくく、細毛は頭頂部や生え際から始まるとされています。

しかし、様々な要因からこめかみ辺りの髪が細くなるというケースもあるのです。

先述した眼精疲労や首から肩にかけてのコリ以外に、髪を引っ張るようなヘアスタイルを頻繁に行っているという場合も、こめかみ付近の髪がやせ細ることがあります。

たとえば、ポニーテールやお団子、ハーフアップなど、もみあげからこめかみにあたる側頭部を上や横にきゅっと強く引っ張りあげるようなヘアスタイルが当てはまります。

頭皮にも髪にも力がかかるので、髪が細くなりやすいと言えます。

また、上下の歯の噛み合わせが合っていないことも、こめかみの薄毛につながると言われています。

噛み合わせが悪いと、口の中や周りの筋肉がバランスよく使われず、酷使される部位や全く使われない部位など筋肉の使い方にばらつきが出ます。

その結果、筋肉が上手く働かず血行が悪くなって、毛母細胞が栄養不足に陥ってしまうと言われているのです。

こめかみの細い髪を太くするには、目を休ませるなどの対策が必要です


こめかみ周りの細い髪を太くするには、まず眼精疲労を解消すべく、目を休ませることが大事です。

スマホやパソコン、テレビを長時間見続けることは、眼精疲労を招きやすいとされています。

30分画面を見たら目を休ませて、遠くの景色を見るように意識しましょう。

また、目薬をさしたり、電子レンジで蒸しタオルを作って瞼の上にのせたりするだけでも目の血流が促されます。

さらに、肩こりを感じたらマッサージや整体に行ったり、ストレッチやヨガ、水泳などの軽めの運動を定期的に行ったりして、こりがひどくならないよう身体をほぐしましょう。

ヘアスタイルについては、髪を引っ張るようなスタイルは控えて、髪を下ろす、緩くまとめるなど、頭皮へ強い力がかからないように工夫してみるのも良いでしょう。

パーマやカラーリングなども、間隔をあけて行うことで髪や頭皮への負担が減ります。

そして噛み合わせに関しては、自分で改善することが難しいため、かかりつけの歯科医で診察を受け、改善策についてじっくり相談してみましょう。

こめかみの細い髪が目立たないヘアスタイルで薄毛もカバーできます

こめかみ付近の細い髪は、ヘアスタイルで上手にカバーし、目立ちにくくすることも可能です。

こめかみ付近の薄毛をカバーするヘアスタイルとしておすすめなのが、思い切ってショートヘアにしてみることです。

こめかみの地肌が余計目立つような気がしますが、短くすることで髪自体の重さが軽くなるため、短い髪が立ち上がりやすくなります。

その結果、こめかみ付近の髪がふわっとして、全体的な印象のボリュームアップにつながります。

また、前髪を後ろから多めに持ってきて、全ておろすフルバングにしたボブスタイルなら、こめかみを後ろの髪でカバーできるので、薄毛が目立ちにくくなります。

髪をロングで保ちたいという方には、かきあげバングがよいでしょう。前髪を左右に分け、顎よりやや下の位置でカットするヘアスタイルです。

こめかみはロングヘアでカバーでき、髪をかきあげることで前髪が根本から立ち上がるため、髪のボリュームが保たれます。

また、やや太めのヘアバンドやスカーフ、ターバンをこめかみのあたりに巻くことも、こめかみ部分の地肌がカバーできるのでおすすめです。

(まとめ)女性のこめかみの髪が細い原因とは?

1.女性のこめかみの髪が細いのは、眼精疲労や肩こりが原因の一つとされています

女性のこめかみ辺りの髪が細いのは、眼精疲労により目の周りの筋肉が強張り、血流が滞って毛根が栄養不足になってしまうことが要因とされています。

また、首から肩にかけてのコリも頭皮の血流を滞らせるため、同じように髪を細くする原因と考えられています。

2.引っ張るヘアスタイルや噛み合わせなども要因といわれています

こめかみ付近の髪がやせ細るのは、髪を強く引っ張るヘアスタイルにより、毛根に負荷がかかることも要因とされています。

また、噛み合わせが悪いことにより口周りの筋肉がバランスよく使われず、血流が悪くなることも原因の一つだといわれています。

3.こめかみの細い髪を太くするには、目を休ませるなどの対策が必要です

こめかみ周りの髪を丈夫にするには、目を休ませてあげたり肩こりをほぐしたりといった対策が効果的です。

また、髪をひっぱるヘアスタイルを改める、噛み合わせが悪い場合は歯科医の診察を受け相談することも大事です。

4.こめかみの細い髪が目立たないヘアスタイルで薄毛もカバーできます

こめかみ付近の髪の細さをカバーするには、ショートヘアやフルバングのボブ、ロングヘアのかきあげバングなどのヘアスタイルがおすすめです。

また、太めのヘアバンドやスカーフなどの小物を使うのも効果的です。