育毛・美髪効果、アンチエイジング効果、健康効果と、女性に嬉しいパワーを持つ体内物質IGF-1。今回は、IGF-1を増やす水についてご紹介します。

 

名水は、IGF-1を増やす水だった

全国には、名水と呼ばれる、きれいで美味しくそして健康にもよいといわれる多くの水があります。そのほとんどは、自然の中での湧水、地下水、そして渓流水です。

水質が良く美味しいということは、データを見たり、実際に飲んだりすればわかりますが、健康効果については言い伝えや噂の域を出ず、それが真実かどうかははっきりしません。

また、海水にも、深さ200m以上からくみ上げられる海洋深層水という水があり、きれいでマグネシウムなどのミネラルを含むので、健康に良いと言われています。しかし、その健康効果のメカニズムもよくわかっていません。

これらのような水を調べてみると、名水はIGF-1を増やす水であることが分かり、毎日飲むことにより、育毛効果や美肌効果が期待できます。

 

海洋深層水と湧水でIGF-1が増える 育毛効果と美肌効果を確認

海洋深層水や湧水を使って実験を行うと、動物や人の知覚神経の刺激を促進して、 IGF-1を増やすことがわかりました。

海洋深層水は、人の実験では、1日に1L飲むと1ヶ月後には糖尿病が改善し、ある60代の女性は、水を飲んで3カ月後に髪が黒くなり、顔のたるみが取れ、5歳以上は若返った顔になることがわかりました。

なぜ、海洋深層水がこのような健康効果をもっているのかを調べてみました。その結果、海洋深層水が採取される環境(深海)では青色の光しか届かず、水が青色の光で照射されたために、 IGF-1を増やす性質を獲得したことがわかりました。

湧水の中でIGF-1を増やす水は、富士山の裾野や長野県の伊那地方の湧水です。これらはおそらく磁気を帯びた土地での湧水で、水が土地の磁場の中から湧いてくる時に、磁化されてIGF-1を増やす性質を獲得したものと思われます。

 

家庭でも作れるIGF-1を増やす育毛水

実は、これらのようなIGF-1を増やす水は家庭でも作ることができます。

一つ目は、青色の瓶を使う方法です。この方法で、海洋深層水と同じ効果を持った水を作ることができます。ハワイに古くから伝わる健康法である「ホ、オポノポノ」に述べられていますが、青色の瓶に水を入れて、太陽光にさらすと、健康効果をもった水になるというものです。

この方法で作った水は青色光照射水で、 IGF-1を増やす育毛水です。青色の瓶を準備して、水を入れて2時間ほど太陽にさらせばよいでしょう。

二つ目は、低周波を作用させる方法です。低周波を作用させた水は、 IGF-1を増やす性質を獲得することがわかりました。これまでに、鉄橋の下の川ではシジミの成長がよいということが知られていますが、この現象が起こる理由もこの事実で説明できます。

すなわち、列車が鉄橋を渡るときの振動が水に伝わることで低周波を作用させた水が出来上がり、その水がシジミに作用して、 IGF-1のような物質を増やし、成長させたということでしょう。

低周波を作用させた水を作るには、低音の効いた音楽をスピーカーで鳴らし、その前に1時間ほど水をおいておくと、低音が水に作用して水の性質が変わるでしょう。

三つ目は、磁化水を作る方法です。家庭でも、湧水と同じような、磁化水を作ることができます。それは、IHクッキングヒーターで水を沸かせばよいのです。これで沸かした水(湯)は磁化水となり、 IGF-1を増やす育毛水になります。

 

IGF-1を増やす名水を購入する

ご紹介したような方法で水をつくることが面倒くさいという方には、 IGF-1を増やす水を購入することをお勧めします。 IGF-1を増やす水は、伊那地方の湧水である「常和の命水」という名前で市販されています。

最強のIGF-1を増やす水を作りたい場合には、「常和の名水」を購入して、青色の瓶にいれて太陽光にさらし、IHクッキングヒーターでその水を沸かし、低音の聞いた音楽を流したスピーカーの前に放置すればよいでしょう。出来上がった育毛水は、飲んでみるととてもまろやかな味になっていることが分かります。

 

育毛水は、そのまま飲んでも、調理にも使える

出来上がった育毛水のIGF-1を増やす作用は、そのまま飲んでも、コーヒーを淹れる際に使っても、調理に使っても持続します。この水で淹れたコーヒーの味は、とてもまろやかでコーヒーの味を引き立てます。

また、コーヒーポリフェノールとこの水の両方の作用によるIGF-1増加も期待されます。更には、 IGF-1 を増やすサプリメントをこの水で飲むと、よりその効果が高まるでしょう。是非、試してみてください。

 

育毛水が、IGF-1を増やすメカニズム

飲んだ水がIGF-1を増やすためには、胃や腸の知覚神経を刺激しなければなりません。カプサイシンのようなものであれば、服用すると胃が熱くなったり、場合によっては痛くなったりするので、カプサイシンが胃の知覚神経を刺激していることを実感できます。

しかし、ここでご紹介した水は、飲んでも胃が痛くなったりはしません。これは、この水が直接胃の知覚神経を刺激するのではなく、体の中にある知覚神経刺激物質(例えば胃酸など)による、知覚神経刺激効果を高めるためです。

この水を飲むと、少し胃のあたりが暖かく感じたり、げっぷが出やすくなるのは、このためです。

余談ですが、切り花をこの水につけておくと、普通の水道水に比べて長持ちします。育毛水は、切り花に対しても髪の毛と同じように長持ちさせるのです。

これまでは、 IGF-1を増やす育毛に良い食べ物などを紹介してきました。次回は、このような食べ物の、髪の毛を増やすための食べ方をご紹介します。