尋常性乾癬という皮膚の難病

尋常性乾癬は、現代の医学では根治できない難病です。全身にかさぶたを伴う赤い発疹が出て、頭皮は発赤し、体が温まるとかゆみが強くなり、日常生活に支障を来すほどです。

皮膚の炎症が強いので、炎症を起こす物質(炎症性サイトカインと言います)が、血糖をコントロールするインスリンの働きを悪くします。

そのため、長期に続くと、糖尿病などの生活習慣病まで引き起こされてくるという厄介な病気です。

現代の治療では、免疫抑制剤などが使われていましたが、有効なものはありませんでした。最近では、炎症性サイトカインを強力に抑える抗体を、注射する治療法が出てきました。

しかし、免疫を強く抑えるので、感染が悪化したり、潜伏感染していた結核が顕在化したりするなどの重篤な副作用があり、生涯このような注射を打ち続けなければならなくなります。非常に高価な薬で、1ヵ月で約24万円かかります。

 

円形脱毛症は、他の自己免疫疾患を合併することも多い

円形脱毛症の原因の一つは、自己免疫疾患と考えられます。自己免疫疾患とは、本来、外来異物に対して、それを排除するために引き起こされる免疫反応が、自分の組織の成分に向けて起こってしまい、自己の組織を傷つける病気です。

例えば慢性関節リウマチは、自己免疫により、関節の軟骨成分が標的となり、関節の破壊が起こります。

円形脱毛症は、以前にもお伝えしたように、メラニン色素(髪の色素)に関連した物質が標的になる、自己免疫疾患です。したがって、メラニン色素を作る細胞が毛根にない白髪は、円形脱毛症でも抜けません。

円形脱毛症を発症する患者さんは、他の自己免疫疾患を持っていることも多いです。尋常性乾癬でも、メカニズムはよくわかっていませんが、自己免疫がその発症に関与している可能性があります。

これまでに私のクリニックでは、次のような3例の円形脱毛症の患者さんが、尋常性乾癬を合併していました。

カプサイシンやイソフラボン、セファランチンなど、インスリン様成長因子-1(IGF-1)を増やす治療を行うと、IGF-1の育毛効果と自己免疫抑制作用により、円形脱毛症は改善しますが、同時に他の自己免疫疾患も改善することがあります。

 

3例の尋常性乾癬を合併した脱毛症患者

症例1は、全頭脱毛という重症の円形脱毛症の、40代女性です。

私のクリニックでは、カプサイシンやイソフラボンなどのサプリメントとセファランチンで、知覚神経を刺激して、IGF-1を増やす治療を行います。

セファランチンについては、1日150mgを服用してもらいます。保険診療では、1日3~6mgしか認められないので、それに比べれば、大量のセファランチンを飲んでもらっています。この用量(150mg/日)を投与しないと、重症の円形脱毛症は治りません。

この女性は、治療費用を節約したいとの理由で、1日40mgのセファランチンを投与しました。

そして治療5ヵ月後には、一部で産毛が生えて(写真1、赤い円内)、尋常性乾癬による、頭皮の発赤と顔の発疹の赤い腫れも改善してきました(写真1)。

▼写真1:40代女性/全頭脱毛、尋常性乾癬。左から治療前、治療5ヵ月後。

この患者さんは、治療途中で来院しなくなったので、その後の経過はわかりませんが、ご自身でも「正常な皮膚が出てきた」と言っていましたので、 尋常性乾癬は、自覚的にも改善していました。

症例2は、20代の全身脱毛(汎発性脱毛)の男性です。色々な皮膚科で脱毛症の治療を受けましたが、結局治らず、困り果てて、私のクリニックに来院しました。

カプサイシン、イソフラボンなどのサプリメントとセファランチン(150mg/日)で治療すると、治療3ヵ月で、頭部には白い産毛が生えてきました。

しかし本人が一番驚いたのは、10歳で発症し、17年間も皮膚科で治療しても治らなかった尋常性乾癬が、ほぼ消失したことでした(写真2)。写真は右手ですが、背中に多数あった発疹も、きれいに無くなっていました。

▼写真2:20代男性/汎発性脱毛、尋常性乾癬。左から治療1ヵ月後、治療3ヵ月後。

尋常性乾癬は、体が温まるとかゆみが強くなり、不快な日常を過ごさなければならないという、社会生活の質を低下させるという一面も持っています。

この患者さんも、初診時はとても暗い表情でしたが、乾癬が治った治療3ヵ月後には、打って変わって明るい笑顔のある表情になっていました。

症例3は、30代の全頭脱毛の男性です。やはり、サプリメントとセファランチン(150mg/日)で治療をすると、徐々に産毛が生えてきました。

そして、IGF-1を増やす治療では、円形脱毛症以外の自己免疫疾患も治るという話を、症例2を例にとり紹介しました。

すると患者さんは、「この発疹は、自分にも脱毛症治療前にあった」と話されました。

脱毛症治療開始後、数ヶ月で消失したので、それが難病だったと気付かなかったそうです。

そして脱毛症治療のサプリメントとセファランチンの服用量が減った時に、発疹が再発しましたが、再び規定量を服用すると、また消失したとのことでした。

 

なぜIGF-1を増やすと、脱毛症以外の難病も治るのか?

カプサイシンやイソフラボン、露地栽培アガリクスは、IGF-1を増やします。そして、IGF-1の育毛効果で薄毛が改善することがあります。

IGF-1は、育毛効果の他に、免疫調整作用も持っていると考えられるのです。