円形脱毛症はストレスで起こる?

円形脱毛症といえば、ストレスがあった時にできるコイン型の脱毛斑というイメージが浮かびます。しかし円形脱毛症は、誰にでも起こるものではなく、その発症素因を持っている人に起こります。

円形脱毛症ができると、多くの人は皮膚科を受診して、塗り薬(ステロイドのことが多い)をもらって治ることも多いのですが、これは脱毛斑が1個だけできる場合に限られます。この場合、実は塗り薬で治っているのではなく、自然治癒しているのです。

円形脱毛症は、ストレスで起こるだけでなく、その発症素因を持っている人が風邪薬や抗アレルギー薬を使用しても(内服のみならず外用しても)起こります。このメカニズムは後述します。

円形脱毛症のうち、最初から何カ所もできる多発型の場合は、自然治癒することは少なく、また皮膚科の治療でもほとんどの場合治りません。

さらに、治らないばかりか、皮膚科の治療で抗アレルギー薬を投与されることがあり、それにより、頭髪が全部抜ける全頭脱毛や、頭髪のみならず、まゆげや睫毛、そして全身の体毛がすべて抜ける汎発性脱毛にまで悪化する場合もあります。

 

円形脱毛症は、現代医学では治らない、自己免疫疾患のひとつである

円形脱毛症は、十円ハゲと言われることもあり、身近で簡単に治る病気のように思われています。しかし、その発症のしくみは、自己免疫という現代医学での治療では根治できない病態なのです。

これは、本来ウイルスや外来異物を排除するための免疫系のリンパ球(活性化Tリンパ球)が、毛根を攻撃するために起こります(自己免疫疾患)。

活性化Tリンパ球が、関節の軟骨を攻撃すると関節リウマチが起こり、甲状腺を攻撃すると慢性甲状腺炎(橋本病)が起こります。慢性関節リウマチも難治の病気で、ステロイドなどで炎症を抑えながら治療されますが、根治しません。基本的に、自己免疫疾患を安全に抑える治療法はないのです。

単発性の円形脱毛症は、自己免疫の程度が軽いので、ヒトの治癒力で自然治癒することがあります。

 

円形脱毛症で皮膚科を受診すると?

円形脱毛症を発症して皮膚科を受診すると、皮膚科の医師は、頭ごなしにストレスがその原因と考えます。

そして効果のないステロイドの塗り薬を出し、患者さんには覚えがないにも関わらず、何か小さなストレスを探し出され(全くない人はいませんので)、それが原因であると主張します。

患者さんがお子さんの場合は、母親の育て方が悪いなどの暴言を吐く皮膚科医もいます。そして皮膚科の治療では治らないので、さっさと心療内科に行きなさいと言われることもあります。

皮膚科医の中には、日本皮膚科学会が作った、円形脱毛症診療ガイドラインというものに沿って治療をする人もいます。

いかにもこれで治りそうな名前のガイドラインですが、ウイッグを勧めたり、治療しないのもひとつの方法としたり(このガイドラインを作った医師の読売新聞2018年2月2日の記事を参照)する内容などが盛り込まれており、治療しないことを建前とするような不思議なガイドラインです。

皮膚科医は、効かないとわかっていても何もしないわけにはいかないので、ステロイドを頭に注射したり、内服させたり、さらに全身投与すること(パルス治療)もあります。

ステロイド内服で毛が生えてくることがあるのですが、ステロイドは、その強い副作用のために、長期に大量投与ができません。そこで皮膚科医は、ステロイドを減量していきますが、この減量で再び脱毛していき、残ったのはステロイドの副作用だけということになります。

写真1は、外国留学中に円形脱毛症を発症し、現地の病院でステロイドを投与された女性の頭部と顔の写真です。

▼写真1:20代女性/円形脱毛症。左から治療前(前医でステロイドを使用)、治療1年7ヶ月後。

名古屋Kクリニックの初診の時は、顔がどの程度腫れているかはわからなかったのですが、後述するインスリン様成長因子-1(IGF-1)を増やす治療を行って、円形脱毛症が治った時と初診時の顔を比較すると、ステロイドによる腫れが非常に強いことがわかります。治療前と治療後では、まるで別人です。

重症の円形脱毛症は、その外見上の大きなデメリットのために、患者さんの社会生活の質は大きく低下します。そして既存の皮膚科治療では治らないので、この病気が原因で引きこもりになったり、また自ら命を絶ったりする場合もあります。

 

インスリン様成長因子-1IGF-1)を増やす治療で円形脱毛症は治る!

カプサイシンやイソフラボン、キングアガリクスなどを含むサプリメントでIGF-1を増やすと、IGF-1そのものの育毛効果で、男性型脱毛症や女性型脱毛症は改善することがあります。

円形脱毛症の場合、IGF-1は、その育毛効果に加え自己免疫の抑制効果を発揮して、円形脱毛症を改善させることがあります。これはIGF-1が、自己免疫疾患を引き起こす活性化T細胞を抑制する細胞(制御性T細胞)を活性化するからなのです。

名古屋Kクリニックでは、これらのサプリメントに加えて、さらにIGF-1を増やす効果のあるファランチンという薬剤を使用して、円形脱毛症を治療します。

写真2は、大阪市内のいろいろな病院で治療しましたが治らず、名古屋Kクリニックを受診してIGF-1を増やす治療を受けた20代女性の頭部写真です。治療後から産毛が生え始めて、治療1年を過ぎると、ほぼ治癒していることが分かります。

▼写真2: 20代女性/全頭脱毛。左から治療前、治療1年1ヵ月後。

前述の風邪薬や抗アレルギー薬は、IGF-1を減少させるために、円形脱毛症を引き起こすのです。

このように、IGF-1を増やすサプリメントや薬の服用は、脱毛症のみならず、現代の医学では治らない、自己免疫疾患の治療にも用いられるべき、新しく画期的な治療法なのです。